Garage Kachi R1150RTいじくり日記と時々ツーリング Season2

BMW R1150RT / Dedacciai Strada Vertigineで写真撮りながら走っています。

京都写真連盟の撮影会に行かせていただきました

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

 

4月に出展させていただいた京都写真連盟の写真展。

garage-kachi.hatenablog.com

 

その連盟の方から『5月に撮影会があるので、来てみませんか?』とお誘いをいただきました。

場所は太陽が丘運動公園。

運動公園で撮影会とは面白い、と思っていってきました。

 

集合時間は10:00。

集合場所がよくわかっておらず、ちょっと遅れて合流しました。

撮影は公園内を自由に歩き回って撮影、流れ解散というゆる〜いルール。これは気楽でいいかも😊

早速撮影スタートです。

レンズはSIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporaryにつけかえました。

 

さて、運動公園でなにを撮ろうかと考えたのですが、新緑が美しいうえ...

 

ツツジも綺麗に咲いていて、これは花中心がいいかな〜と

 

 

いくつかあるグラウンドではいくつもの試合がされていました。

碧天の下、気温は低めで気持ちがいい。

いちばんいいスポーツの季節かな。

 

グラウンドを撮ったときの14mmをそのまま使って花を撮ったけど、ちょっと画角広すぎかな😅

 

ツツジの他にもタンポポがたくさん。

 

 

ツツジタンポポのコラボもいいなと。

 

望遠だとちょっと非現実的な風景も見られていいね。

 

体育館の反対側にツツジの生け垣がたくさんあるスロープがあったので入ってみました。

 

ツツジは色が濃いので、色の飽和が怖い。

彩度を上げすぎると花の立体感がなくなるから要注意。

 

見落としてしまいがちだけど、こんなに小さくて可愛らしい花も咲いています。

 

暖かい日差しの中で気持ちいいね。

 

 

花が散っているのもあるね。

 

これはツバナと一緒。

 

トンボさんもちょっと離れたところから狙えるから逃げないで撮れる。

 

ちょっとMicro NIKKOR 55mm F2.8Sに換えてみた。やっぱりこのレンズはシャープだなぁ。

 

再びSIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporaryに戻す。

 

途中で会員の方のお一人とお話をする機会を得ました。

その方はNikon Z5をお使いでした。

Zマウントの24-120mmをつけていらっしゃったのですが、いろいろ濃ゆい話をさせていただけました。

別の方からも今度、6月に今回の撮影会の品評会があるからおいでなさいとお誘いを受けて、なんだかいい刺激をいただける出会いになってよかったなぁ〜と感謝でいっぱいです。

あ〜、写真ていいな、カメラっていいな📸

 

■撮影機材

 Nikon D750

 SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

 Micro NIKKOR 55mm F2.8S

 SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art

 

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



BMWランキング

 

Micro NIKKOR 55mm f2.8 一本勝負 〜初夏の景色〜

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

 

5月20日の月曜日。

いつものように在宅勤務のお散歩です。

暑くもなく、寒くもなく、ええ感じの陽気。

 

遊歩道の垣根も緑でいっぱい。

 

あれ、こんなところにこんな石段があったんだ。

 

今日のお供はMicro NIKKOR 55mm F2.8S。

マクロレンズなのでやっぱりマクロ撮影してみたいじゃない?

こっちは右側の花の雌しべにピント合わせ。

 

こっちは同じ花の雄しべにフォーカス。

 

いや〜、やっぱりよく寄れますねぇ😊

 

もちろん、遠景だってバッチリ、良い描写です。

 

ムラサキツメクサが咲き始めた。

この花もけっこう長く咲いていたような気がする。

 

シモツケ

小さい花だけど、よく見ると細かい造形がいいですね。

 

周りにあるマメみたいなのは蕾。

 

ここまで寄っちゃうとちょっと画としてはナンですね😅

 

55mmといえば、35mmサイズカメラのほぼ標準レンズ。

開放F値は2.8なので驚くほど明るいわけではありませんが、その分レンズ設計に無理がなく、開放から良好な描写です。

ボケも大きい😊

 

再びシモツケ

今度来るときは中間リングもつけてもっと寄れるようにしてみようかな😊

 

ということで、趣味のカメラでスタートする一日はいいもんです。

お仕事も頑張りましょう😊

 

■撮影機材

 Nikon D750

 Micro NIKKOR 55mm F2.8S

 

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



BMWランキング

 

初夏の茶道教室

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

 

先日、立夏のことを書きましたが、拙宅の奥さんの茶道教室でも夏の設えに変わりました。

今まで、和室にこしらえた炉に釜を入れてお湯を沸かしていましたが、それが『風炉』に変わりました。

 

5月中旬の茶道教室、お菓子も整いまして、これからお稽古のスタートです。

 

 

生徒さんが持ってきてくださった、羊羹が入ったお干菓子。

これ、美味しかったですね。

 

画面左下に見えているのが炉です。

 

お稽古始まりました😊

お茶を点てるには定められた手順がありまして、それを繰り返し反復お稽古します。

いま、抹茶が入っている棗(なつめ)に手がいっていますが、これからお茶碗に抹茶をいれるところです。

 

その前段階でお湯でお茶碗を暖めるためにお茶碗にお湯を注ぎ、茶筅通しと言われる、茶筅でお湯を混ぜるタイミングでお菓子をいただきます。

 

いま、棗から茶杓で抹茶を茶碗に入れているところ。

 

お二人目の生徒さんがお茶を点て始めました。

これも美味しそうなお干菓子。

 

お湯が湧いた釜の蓋をあけるとき、女性は袱紗を使ってあけますが、男性の場合は袱紗を使わず、素手であけます。これが熱い😅

 

お菓子はお懐紙の上に載せていただきます。

お懐紙は二つ折りの束になったもののいちばん上の紙を外に折ってお菓子を載せます。

 

お茶を点て終わりました。

女性の場合はちょっと身体を右に向けてお茶を出しますが、男性の場合はそのままの姿勢でお茶を出します。

 

お茶を点てたあと、水を2勺、釜に入れます(補充でしょうね)。

 

 

みんなそれぞれお茶を点てていきます。

 

今日の主菓子のハイライト。

菖蒲をイメージした素敵なお菓子でした。これ美味しかった😊

 

女子はこういうのやっぱり撮っちゃうよね。

かく言う私も撮っているわけですが😊

 

お茶は季節を意識した設えでとても日本らしい文化だと思います。

いろんなもやもややストレスがあっても、お茶を点てるという行為だけでも心を無にすることができるので、精神的にもいいと思います。

なんとなく敷居が高そうに思われがちですが、その心は『楽しく会話しながらお菓子とお茶をいただく』ことなので、巷で考えられているほど堅苦しいものではありません。

まあ、『型』というのは大切なものなので、やはり基本は押さえておくべきですが、なかなかええもんですよ😊

 

■撮影機材

 Nikon D750

 AF-S NIKKOR 24-120mm F4 G ED

 SIGMA 14mm F1.8 DG HSM | Art

 

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



BMWランキング

 

5月中旬で初夏の陽気

... と申しましても、立夏は5月5日なので、二十四節気でいうとすでに『夏』ではあるんですよね。

つい2ヶ月前までは、朝の散歩は温かいジャケットを着込んでいましたが、季節が進むのは早いもんです。

遊歩道を歩く人もTシャツなどの薄着を着ている人が増えてきました。

 

ワンちゃんもそろそろお散歩が暑くなってきている頃でしょうね。

 

鳩さんはナニを探して歩いてるの?

 

ランニングをしている人も気持ちよさそう。

サングラスをする人も増えましたね。

 

シモツケかな?

けっこう息が長くて、秋くらいまで咲いているような気がする。

 

くたびれたベンチもなんか味があります。

これは背中を伸ばすやつですね〜

 

川の流れも冬のときと違って『夏のせせらぎ』って感じになってきましたね〜

冬は『冷たそ〜😰』だったのが、『冷たそう〜😆』に変わった😊

 

この辺は観光客が溢れていないのもいい😊

 

たくましい木の根。

これだけしっかりしていると台風にも耐えられる。

 

まだ菜の花らしき花も咲いているよ。

 

ゴールデンなんてコート着ているみたいでホントたいへんそう😅

 

なんて思いながら歩いていると、頭の上で小鳥の可愛らしい鳴き声。

仰ぎ見るとなんかいるよ。

 

あ〜、この子が鳴いてたのね〜

と、心が洗われるような在宅勤務の朝の散歩でした😊

 

■撮影機材

 Nikon D750

 SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



BMWランキング

 

標準ズームAF-S NIKKOR 24-120mm F4 G EDの手ぶれ補正故障を修理してもらった

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

 

奈良の奥村記念館を出てから小一時間で心斎橋のNIKON PLAZAに到着。

以前は大阪駅の近くにあって便利だったのですが、移転してちょっと不便になった😅

 

いつだったか、なんとなくD750についている標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-120mm F4 G EDの手ぶれ補正が効いていないんじゃないか、と感じるようになりました。

今までブレることが稀だった1/30秒くらいでもブレることが多くなった。

このレンズの場合、シャッターボタンを半押ししてピントが合うと手ぶれ補正が効いて画面の微細な揺れが止まることが確認でき、シャッターボタンを離すと、数秒のタイムラグがあって『こくっ』という音とともに手ぶれ補正が解除され、ブレが確認できるようになる。

その手ぶれ補正解除時の『こくっ』がしなくなっていたので、『感じ』が『確信』に変わりまして、1週間ほど前に大阪に出るついでに心斎橋にあるNikon Plazaにレンズを預けたのでした。

レンズを預けたとき、ついでにボディの撮像素子(C-MOS)の埃取りをお願いしたところ、撮像素子上のゴミはもちろん、ファインダーのフォーカシングスクリーンについたゴミ、さらにファインダー接眼部の埃、外装全体の掃除までしてくださってきれいさっぱり、中古としても売り物になるじゃないのってくらいの仕上がりにしてくださっていました(これはレンズをお預けしたその日に1時間くらいで作業完了して返却していただいていました)。

今回はそのレンズを受け取りまして、一週間ぶりにボディと合体。

レンズもそりゃまあきれいになっていました。

 

お値段が数百円ということもあり、ズームリングのゴムパッドも劣化していたので新しいものに交換。

 

レンズ保護用のフィルタがねじ込まれているレンズ先端のフィルタ環も、フードの脱着固定のクリック部が摩滅していたため、これも交換。

この2つが新しくなっただけでもずいぶんとヤレた感じがなくなりました。

 

早速、試写。

もちろん、良好な描写をしてくれます。

 

ネコの置物も、目にピントを合わせてシャープに切り取れます😀。

 

マクロレンズのようには寄れませんが、近接撮影もきれいにいけます。

ただ、やはり近接撮影の切れと描写に関してはMicro NIKKOR 55mm F2.8Sのほうが断然上と感じます。

r1150rt2003.blog24.fc2.com

 

窓越しの遠景ももちろんきれい。

 

Nikon Plazaを出てからビル一階のショップを覗く。

1/50秒のシャッタースピード、けっこうラフにシャッターボタンを押したのですが、ブレは抑えられているのが確認できました。

 

今回の修理の内容。

■手ぶれ補正(VR)ユニット交換

VRユニットは駆動するレンズの一部と一体になっているため、そのレンズと一緒に交換。

■フィルタ環交換

フード固定クリックにより摩滅したレンズ先端のフィルタのねじ込みリングを交換。

■ズームリングゴム交換

経年劣化によってズームリングのゴムが硬化していたため、これを新品に交換しています。

撮影時は常に触っているところなので、新しい頃の感触が蘇ったのは嬉しいことです。

■防水シール交換

このレンズは防滴設計ですが、念の為に防水シールも交換。

■ローラー交換

ローラーとはズームリングで焦点距離を調整するためのカムのこと。

私のD750はすでに20,000ショットを超えているのですが、やはり使用頻度の高いこのレンズのズーム調整カムが摩滅していたようです。

新しくなったズームリングの感触は、そりゃもうしっかりした感じになっていました。

いつまでもズームリングの感触が変わらず、なかなか耐久性が高いなと思っていのに、やはり少しずつ劣化してこんな違いが出ていたんだなぁと感じ入りました。

 

今回、いちばんの成果はVRの復活ですが、VRユニットが故障していることと、ズームローラーの摩滅が組み合わさってレンズの後端から先端まで一直線になっていないといけない光軸のズレが修正されたとのこと。

なんとなく画質が落ちている感じがしていたのは気の所為ではなかったんですね。

修理代は技術料込みで28,000円強とちょっとはりましたが、現在のこのレンズの売価は14万円ほど、社外品の同等の焦点距離のズームレンズも10万円くらいするので、新調することを考えたら安く済んだ。

これでまた楽しく写真撮影に勤しめるってもんです😊

 

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



BMWランキング

 

奈良国立博物館で【空海展】

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

 

いつだったか、奈良国立博物館空海展をやっているという情報をTVでやっていまして、これはぜひ行ってみたい、と奥さんと一緒に奈良まで行ってきました。

奈良公園近くだけではなく、博物館周辺でも鹿さんがそこら中にいます。

この日、いつものようにNikonのD750を携えていたのですが、標準ズームレンズの手ぶれ補正が機能不全に陥ってしまっていたため、APS-CD70sの標準ズームレンズNikon AF-S DX Zoom-NIKKOR 18-70mm f3.5-4.5G IF-EDをつけていきました。

軽いのはいいのですが、当然イメージサークルが小さく、画面をクロップしての撮影です。

 

角がこれから生えてくるのか、いちど切られてのびる最中なのか、頭に角が生えかかっています。幼獣斑がないから、成獣、角切られたのかな?

 

博物館で空海展を見ている最中に、ふたりともお腹が空いてきてしまいまして、ちょっと途中退出させていただいて、地下のカフェでお食事することに😅

 

横にはミュージアムショップもありまして、食事の後、ちょっと覗いてみたり。

 

奥さんは博物館の中のショップでこういうものをかってきました。

手のひらに載ってしまうくらいの小さなもので、これはミニチュア。

 

これは『五鈷杵』というもので...

 

煩悩を滅し、魔を払って身を守るものだそうです。

 

空海展を見終わってから博物館の南にあるお庭に出てみました。

左手に見えているのは八窓庵という茶室のようです。

 

茶道の先生の奥さん、やっぱり見るよね〜

あそこがにじり口です。

 

中には入れませんが、そのにじり口から覗いた茶室の内部。

茶道に詳しくない私でもこういう空間でお茶を飲んでみたいという気持ちになる。いいもんですねぇ。

 

池の周りを一周します。

 

八窓庵から池を挟んだ反対側に、待合があります。

いま進入禁止の表示がある橋をわたって茶室に向かうようですね。

 

 

この日の最高気温は29度の予報。

暑くなったのでちょっと冷たいものを頂こうと、お茶屋さんにやってきました。

 

いいですね、この設え。

 

入ったのは古美術の『友明堂』。

 

葛のお茶菓子と抹茶をいただきました、ありがとうございました。

 

奈良に向かっている最中に、レンズを預けているNikon Plazaから連絡が入り、修理が完了したとのことだったので、そちらに向かうことにしました。

クルマを駐めている駐車場に向かう途中、なんか奈良にしてはモダンな建物を発見。

室内の左の方にはなんかトンネル掘削用の掘削機の模型らしきものが見えて、思わず『入ろう!』

 

なるほど、奥村組か、奈良が本社だったんですね(ここは本社じゃないだろけど)。

 

2階から若草山が見えますよ〜、という入口の案内の女性の言葉を聞いて、まずは2階へ。

おお、見えますねぇ。

 

左の方に見えるのは東大寺戒壇堂かな?

 

右の方は東大寺南大門と思われる屋根。

 

日にあたっている時間が長くなると暑くなってきた。

室内に戻りましょう。

端正な直線で構成された建物の中に入ります。

 

これは知らなかった、大阪 新世界の通天閣奥村組の作品だったんですねぇ。

 

奥村組のハッピ(?)

 

創業者の奥村太平氏の胸像。

 

これはやはり掘削機。左下の人間の模型と比べてみるとその巨大さがわかるというもの。

映画【黒部の太陽】で描かれた黒四ダムの関電トンネルの掘削のとき、これがあったらずいぶん変わったでしょうね。

 

内部構造が見えるスケルトンモデル。

これ、削り出したズリはどう処理するんでしょう?

 

免震構造がわかるモデルもありました。

手前にあるシャフトに付いているハンドルを前後に細かく押し引きすると床面に固定されている構造物の基礎が床と一緒に動きますが、ラックアンドピニオン状の免震構造によって揺れがいなされ、床面に据えられているシリンダ内のオイルは激しく波打ちますが、免震システムより上の床に据えられたシリンダ内のオイルの動きは桁違いに穏やかです。

 

奥村組の創業は1907年(明治40年)なので五重塔の建立に関係があるわけではないですが、この奈良で創業した奥村組免震構造を作り上げたのは縁を感じます。

 

ということで、これから大阪のNikon Plazaに向かいます😊

 

■撮影機材

 Nikon D750

 Nikon AF-S DX Zoom-NIKKOR 18-70mm f3.5-4.5G IF-ED

 iPhone13 ProMax

 

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



BMWランキング

 

雲ヶ畑から京見峠を越えて上賀茂神社、シメはマックさんの家

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

 

持越橋をわたったあと、すぐに激坂。

13%の坂が数百メートル続く...。

とてもじゃないがノンストップじゃ上れない😅

思わずとまって上を見上げる。

美しい青紅葉。

 

ほっと息をついて、ボトルに入った水を飲むと、うまい!

しばし青紅葉に癒やされてから再スタートです。

 

持越峠。

眺望はないけど、新緑の山を見上げることができてごきげんです。

 

ススキかな?

春になっても穂が残っているんだなぁ。

 

持越峠を越えたあと一気に下り、杉坂の集落まで下りてきました。

4月20日にここを通ったときはまだ桜も残っていたけど、さすがにもう散ってしまって葉が茂ってしまっていました。

でも、これはこれで初夏を思わせる風景に涼し気なせせらぎの組み合わせが素敵。

この川は真弓川。

 

日差しはすっかり夏模様😅

 

道風神社で小休止。

 

いちど参道を上がってみたいけど、なんとなくクリートがついたシューズだと気が引ける。

緑が濃くて、上まで上ったらきっと気持ちいいんだろうなぁ。

 

残りの距離はもう少しだけど、いつもの杉坂の船水で喉を潤し、ボトルにも補給。

いつもすごくお世話になっています、ありがたや。

左のお地蔵様のところに水質検査の記録簿が下がっています。

やっぱりちゃんと保健所かどこか、公的な機関がチェックしているんですね。

 

この時間になると気温も上がってきたので、下りの涼しい風が気持ちいい。

まだ学生の頃は、ここもまだ眺望がきいていた記憶がありますが、いまはほとんど下界は見えません😅

 

住宅街を抜けて上賀茂神社の眼の前。

ここ、しばらく来ないうちにずいぶん道が広くなりました。

鴨川を渡る橋のところから広くなって、上賀茂神社の参道前のラウンドアバウトも大きくなった。

 

上賀茂神社も京都に数ある世界文化遺産の一つ。

GWにしては人は少ない気がします。

 

上賀茂神社の前を通り過ぎ、マックさんの家に向かっていたら、すごいもん見ちゃった。

信号待ちしていたら、交差する道を赤いちっこいクルマが走っていくのが見えました。

思わずカメラのスイッチを入れて撮ったのがこちらの写真。

あれ、たぶんIsettaだよね?

だとしたらもう60年以上前の車両のはず😊

ちょっとシルエットが違う気もするけど、リア一輪の三輪だし、いろんな型があるんじゃないかな。

たぶん遠くから来た個体とは思えないので、また京都のどこか出会えたらいいな。

 

Isettaと出会ってからすぐにマックさんの家に到着。

今回の走行距離は、最初からそんなに走る想定はしていなかったので、60キロを切るくらい。

 

まだ10:30だったのでサンドイッチモーニングセット😊

 

こうして身体のサビ落としは無事終了〜

 

この日は、朝出るときはちょっと肌寒かったけど、日中の予想最高気温は29度、その予想に違わずマックさんの家につくころにはけっこう汗をかいていました。

これから暑くなっていくので、少しずつ暑さに体を慣らしていくのが吉ですね。

 

 

■撮影機材

 Canon PowerShot G7X MarkII

 

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



BMWランキング