Garage Kachi R1150RTいじくり日記と時々ツーリング Season2

BMW R1150RT / Dedacciai Strada Vertigineで写真撮りながら走っています。

通勤途上、アイドリングで振動?! スロットルボディを洗浄してみたら...

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日、いつものように通勤でR1150RTを運転していた帰り道。

とある交差点の信号で停まったときに、なんだかさっきよりも振動が増えている感じがしました。

あれ?

どうしたんだろ?

これ、左右の同調がずれているときの感じだよな...

とまあ、軽く考えて帰宅。

前回のスロットルボディ洗浄から1,000kmくらいしか走っていないけど、汚れがちだし、洗えるときに洗っとこ、と思って吸気系のお掃除を開始しました。

garage-kachi.hatenablog.com

 

まずは増設オイルミストキャッチタンクをチェック。

1,000kmで全容量の半分くらい溜まっていたかな。

これ、全部がオイルではなく、むしろ水蒸気が凝結したもののほうが多く、おそらく容量比で9:1くらいで水のほうがオイルより多い。

1,500kmを走ると、乳化が進んでカフェオレみたいな色を呈してくるのが私のRTの常。

 

インジェクタをはずし、アイドリングスクリューの位置を記録して、アイドリングスクリューの洗浄からスタートです。

 

毎度毎度の感想ですが、1,000kmでこれは汚いよね。

すでにR1150シリーズも生息数が減っていると思いますが、ご同輩の皆様のアイドリングスクリューってどんな感じなんでしょう?

 

今回は燃調を濃くするBooster Plugははずして運行していましたが、インテークの奥はこんな感じ。

 

オイルによる汚れはそんなに変わりはない感じです。

 

上側の奥がちょっとオイリーかなぁ😅

 

スロットルボディのエンジン側はこんな感じ。

インジェクタの川下らしく、そんなに違和感はない汚れ方です。

本来、インテークのバルブ周辺もインジェクタから噴霧されたガソリンに洗われてもっときれいなはずで、先の写真のような汚れ方をしているというのは、ガソリンによる洗浄が追いついていないからと思われ、これが、私がオイル上がりやオイル下がりを疑う根拠です。

 

バタフライの上流側を洗浄。

バタフライがあるのでエンジンコンディショナーの泡もいい具合にせき止められて汚れを落としていきます。

 

アイドリングスクリューの穴にもエンジンコンディショナーを注入。

 

そこそこきれいと思ってもやっぱり汚れているものです。

ビフォー・アフターではボディ内の明るさがガラッと変わります。

 

正直、いままで何回も洗浄していますが、こんなにきれいなバタフライは初めて見たかも😅

 

アイドリングスクリューの穴もかなり汚れが落ちた。

この日は同調はしないつもりだったのですが、このままもとに戻すと、もしかするとアイドリング回転数が上がるかもな...

 

同様に左側に取り掛かります。

 

こちらも前回と傾向はまったく同じ。

右側の湿り気のあるカーボンではなく、明らかに乾燥した煤が堆積。

 

右側はウエスで拭くだけできれいに取れたけど、左側はそれだけでは取り切れず、エンジンコンディショナーでウエスを湿らせて拭いてやっと取れるくらいの頑固なカーボンです。

どう考えても正常とは思えない。

 

このアイドリングスクリューの汚れと呼応するように、スロットルボディ内も右側に比べて明らかに煤けている。

 

当然、アイドリングスクリューの穴の中も真っ黒であります。

 

そして、バタフライの川上があんなに黒けりゃ、川下だって真っ黒に決まっていますよね、ええ。

たぶん、エンジンの状態としては右側よりこちら左側のほうが症状が重くて、バルブの密着が悪くて噴き返しがきているのでしょう。

 

インテーク内部は右側とそう変わらない印象です。

 

こっちのほうが若干乾いた感じかなぁ。

 

 

左側はちょっと念入りに掃除しましょう。

アイドリングスクリューの穴。

 

そしてスロットルボディ内、バタフライの上流側です。

 

いやあ、物の見事に落ちますねぇ😊

 

真っ黒だったバタフライも本来の色っぽいのが出てきました。

 

 

エンジン側もやっときます。

 

アイドリングスクリューの穴は写真に撮ると、露出の関係であまりきれいになっていないように見えますが、これでも相当汚れが落ちました。

 

実は、スロットルボディを洗浄する前、右側と同じようにバキュームを取り出すニップルのキャップを外そうと思ったのですが、何故かここのキャップが無くなっていたのです。

もちろん、前回の掃除のとき、指差し確認で取り付けたことは確認しているので、つけ忘れだということはない。

冒頭で書いた通勤途上で調子を崩したのがこのニップルキャップの脱落であるならば、アイドリング時に(もちろん走行中も)左右のバランスが崩れて振動が出たことに説明はつくのですが、しかし、こんなものが走行中に外れるか? ...と、こっちのほうが疑問なのです。

RTはカウルをまとっていて、そのへんに駐めてある最中にここにアクセスすることはできないので悪戯なわけはない。だいたい、そうならもっと前から振動が出るはず。

ということは、本当に走行中に外れたとしか思えないけど、一方で負圧がかかるここで、しかも新調してまだまだ弾力があるキャップが外れるなんて、どう考えてもありえないのですよ。

 

しかしこのままでは走れない。

こんなちっこいものをMotorworksに頼むのもバカバカしいので、その場でディーラーに電話。在庫はなかったので取り寄せをお願いしました。

着荷まで最大1週間とのこと。

 

さて、どうしたものか。

来週も通勤で乗りたいし、さりとてこのままじゃあ乗れない。

いろいろ考えたのですが、そうだ、バキュームゲージのホースがめちゃくちゃ長いので、その一部を切って、こんなふうに折ってはめておけば当座の役割を果たせそう。

 

2.5センチほどを切り取りまして...

 

タイラップでぐいっと折り目をつけてニップルにはめてみました。

ええ具合にタイラップがニップルのちょっと段差がついたところに噛んでくれて少々引っ張ったくらいでは抜けないようにできました。

これで余計なエアは吸いますまい。

 

...と、この記事を書きながら、ふと思いついたのですが...

もし走行中にこのニップルキャップが脱落したのだとしたら、もしかして燃焼室からの噴き返しが原因だったりするのかな...? と。

走行中は殆ど感じないのですが、アイドリングのとき、ちょいちょい『ぐぐっ』と回転が落ちることがあります。

エンストには至らないのですが、このときに例えば燃焼室内のカーボンが剥がれてバルブとバルブシートの間に噛むかどうかして密着が悪くなったのだとしたら、圧縮漏れ、もしくは燃焼時の噴き返しがあったときにバタフライで塞がれたところに噴き返しの圧力が入ってきてニップルキャップがすっ飛ぶんじゃないか...

いや、そんなコトになったらバタフライだって無事じゃすまないよなぁ... と思っても見たり...

 

謎はつきませんが、いずれにしても早めにどうにかしないといけなさそうだよな〜と思った次第。

スロットルボディの洗浄も 145,723kmで実施です。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



BMWランキング

 

錆びたパーツに錆転換剤を使ってみた

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

先日購入してきた錆転換剤。

ギアオイル交換のあと、エンジンのオイルパンから上に伸びるオイルラインの、錆びているバンジョーを補修することにしました。

買ってきたのは刷毛で塗るタイプ。

 

使い方です。

そんなに難しいことはない。

 

ここは長い間オイルリークをしていたのですが、パッキンを交換したことでオイルリークはなくなりました。

その代わり、と言っていいのかわかりませんが、オイルまみれだったことでサビが抑制されていたらしく、リークがなくなったらサビが進行してしまった。

r1150rt2003.blog24.fc2.com

 

ちょっと多めかなと思いましたが、これくらいをボトルからカップに出しました。

 

どれくらい塗ればいいかがいまいちわからない。

でもサビに浸透しきらないとまたサビが進行するらしいので、多めに塗っていいんでしょうね。

 

本当はボルトをはずして塗った方が良いに決まっているのでしょうが...

大丈夫かな😅

 

裏側も塗れているかを写真を撮ってチェック。

大丈夫みたいです。

 

1時間ほど経過して、カウル復旧後ですが確認。

これくらいの時間だとまだ転換されていないのかな。

経過観察しましょう。

 

145,723kmでの措置。

 

 

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



BMWランキング

 

R1150RT ミッション・ファイナルギアオイル交換

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

 

3月中旬にエンジンオイルの交換と同時に交換しようと思っていたミッション・ファイナルギアオイル。

その時、気温がぐんぐん下がってきて、加えて冷たい雨が降り始めて気分だだ下がり、エンジンオイルの交換だけで済ませてしまっていたので、ギアオイルを交換することにしました。

garage-kachi.hatenablog.com

 

ちょっといつ頃前回ギアオイルを交換したかを検索してみたのですが、なんとなんと、もう4年半も前のことでした😅

本当は20,000kmごと、または2年毎の交換が推奨されているので、これはちとイカンですね。

走行距離はちょうど20,000kmだったので、まいっか😅

r1150rt2003.blog24.fc2.com

 

まずはファイナルギアのオイルから換えましょか。

ファイナルギアの容量は250ccです。

左に倒れて写っている漏斗を使ってボトルに注ぎますが、まあハチミツみたいですね、すごく粘度が高い。

オイルはこれで準備OK。

 

オイルを抜く前にフィラープラグを先に緩めておきましょう。

オイルを抜いたあと、フィラー側が固着して外れなかったりしたらエライことです。

実際、4年もはずしていないと、レンチを当てて『こつん』とインパクトを与えると『ぱきっ』という感じで緩みます。

 

ドレン側も同じ。

一旦緩んだら指でちょいちょいと回していきます。

 

ブレーキディスクにギアオイルがついたらオオゴトなのでちゃんと養生しておきましょう。

非常に粒子の細かい鉄粉が一緒に落ちてきますが、これくらいは正常。

 

ドレンプラグは磁石がついておりまして、そこにその鉄粉がけっこう捕まっています。

 

ちょっと拭ってみるとこんな感じ。

 

オイルに混じって粘度みたいな感じがします。

右上の黒い塊が鉄粉を拭き取った様子です。

 

プラグ側にパッキンがついていなかったのでギアケースのドレンホールあたりを触ってみると、パッキンが落ちてきました。

これ、ちゃんと取っておかないと、この上からパッキンを重ねるとどうなるんだろ、漏れるかもね。

あるいはネジ山のかかりが浅くなるから、規定トルクをかけたときにねじ山を舐めてしまって笑えないことになるかも。

 

ドレンプラグの磁石についていた鉄粉を綺麗サッパリ拭っておきましょう。

 

新しいパッキンを忘れずにつけます(小指たてるな😅)。

 

手で止まるところまで回してからレンチで締める。

締め付けトルクは23N・m。

(なんて書いてますが、19mmのボックスを持っていないので手ルクレンチです😅 キュッと締めるだけでOK、シメ過ぎ注意です。ちなみに緩めるのはメガネレンチを使っています)

 

用意しておいたオイルを注入。

 

250ccを入れきる直前で液面がここまで来たのでこれで終了。

 

フィラープラグもパッキン交換。左が古い方、右側新しいの。

ドレンとフィラーは同じサイズだった... かな?

 

フィラーはヘックスを持っているのでちゃんと23N・mを測っています。

ボックスなんて安いんだからちゃんと買っておけ、って話ですな😅

 

つぎ、ミッション側に移ります。

同じようにフィラーから緩める。

 

しかる後にドレン側を緩めます。

ここは横にオイルが排出されるので牛乳パックを切り出して雨樋を作っておきます。

ドレンプラグだけでなく、ステッププレートの下にも雨樋をおいているのは、どうしてもドレンだけ養生しても溢れてマフラー側オイルが伝ってしまうから。

 

ドレンプラグを抜いてしまう前に雨樋をガムテープで固定しておきましょう。ちょっと触っただけで落ちてきちゃいそうになった😅

 

オイル排出です。

リアドライブと同様、まだ粘りがあって劣化しているようには見えない。

 

まあ、エンジンオイルのような過酷な環境ではないからなんでしょうが、それでもギアの間に介在して潤滑をすることで分子レベルでは剪断が進んでいるものだ、と何処かで読んだことがあります。

交換サイクルは、期間はともかく、距離は10,000kmとか15,000kmでもいいくらいかもしれません。

 

ミッション側も、ドレン、フィラーともにパッキンのサイズは同じ。

でもね、エンジン、ミッション、ファイナルのサイズがみんな違うの

これらみんなサイズを揃えてくれていたらいいのに、と思うのは私だけではないんじゃないかなぁ。

もう7年ほども前に、モノタロウでエンジンオイルドレン、ファイナルギアオイルドレン/フィラー、ミッションオイルドレン/フィラーのパッキンをけっこうな数を買っておりまして、おそらく私のRTの生涯じゃ使い切れない😅

r1150rt2003.blog24.fc2.com

 

ドレンプラグを締め込んだら周辺をパーツクリーナで洗浄しておきましょう。

締め付けトルクは30N・mです。

 

ミッション側は800cc。

ボトルは400ccの容量なので、2回に分けて入れます。

ファイナルギアの250ccと合計で1,050cc必要ですが、経験的に1リットルのオイルを買っておけば足りてしまう。

まあ、このボトルの容量表示がどれくらい正確なの? ってのはあるのですが、入れ終わったときの液面を観ても不足しているようには見えないんですよね。

 

このボトルを購入したときにヒートガンで温めてノズルを曲げたのはこのため。

前に使っていたボトルはこれをせずに曲げていたら、3回目くらいでクラックが入っちゃったんですよね。

 

400ccの2回目。

1回目がちょっと多めに入っちゃったので、これで合計800ccと見ていいでしょう。

 

これをすべて入れきってこんな感じ。

本当はここから少しあふれるくらいまでいれるものらしいですが、もう液面がねじ山の向こうに見えているのでOKでしょう。

 

ということで、ギアオイルの交換完了。

 

ついでにエンジンオイルが減っていたので...

 

500ccほどを追加しておきました。

 

145,723kmでの交換でした。

 

■今回使ったギアオイル

 

■追加したエンジンオイル

 

■ポイパック

 

 

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



BMWランキング

 

バイクメンテ用の部材というかツールというか、調達

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

 

通勤時に乗っているR1150RT。

関東方面までのロングツーリング、ワンデイツーリング、そして通勤まで何でもこなす器用者。

先日、記事にも書いたように、我がRTもだいぶくたびれモード

いま、エンジンのメンテナンスについていろいろ調べていますが、まあ、ポンコツな自分なりに、いまできる対処療法するための道具やケミカルを買ってきました。

左からオイルディスポーザ

今回はミッションとリアのギアを交換するためのもので、本当は1リットルうけられればいいんだけど、最小が2.5リットルだったの2.5リットルを。

オイルを扱うんだったらペーパータオルも。

まだ手元にあるっちゃあるんだけど、残り少ないので。

それと、たまたまショップの中を歩いていて見つけたクッションマット。

これ、低いところの作業をするときに膝をつくのが楽になる。

 

高反発ウレタンかな。

下の切り欠きを外すと取っ手になります。

はずした切片はなにかに使えそうだな、と思ってしまう貧乏性😂

 

それとこれ。

オイルパンから上に伸びるオイルラインのバンジョーがサビサビなので、それを防錆被膜に転換するケミカル。

 

スプレータイプと、この刷毛塗りタイプの二種類があったのですが、今回は場所が場所なので刷毛塗りタイプにしてみました。

 

スロットルボディの掃除には、今まで【クリーナーキャブ】を使っていたのですが、なんかガスが抜けてきて、出が悪くなったので新調です。

今回はちょっと趣向を変えて【エンジンコンディショナー】にしてみました。

 

これ、アワアワが出てスロットルボディに滞留し、固着した汚れを溶かして落とす。

いちど試してみたいと思ってた😊

 

こっちが今まで使っていたクリーナーキャブ

普通に液体スプレーなので汚れた部分にかかってもすぐに流れちゃうんですよね。

エスにとって掃除するにはいい気がしますが、ちょっと使いづらいかな。

 

使い方としてはエンジンコンディショナーと同じように、エンジンをかけながらスロットルボディに向けて吹き込み、エンジンがストールしない程度にスロットルを開けながら煙が出なくなるまでエンジンを回すというもの。

まあ、すごい白煙が出るうえ匂いがきついため、ちょっと軒下整備では近所迷惑でそこまでできない。

そんなふうに使えばエンジン内の洗浄もできるようですが、まあ根本的には分解清掃がいちばんなので、まずはスロットルボディ洗浄用に使おうという算段。

 

まあサンデーメカニック・軒下整備人の域なので、楽しみながら弄りましょう😊

 

 

 

 

 

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



BMWランキング

 

東大寺 大仏様 〜そのスケールの大きさにびっくり〜

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

 

東大寺南大門をくぐり、参道を進むと東大寺の本堂に到着。

この大きさ。

木造建築としては驚異的な大きさです。

 

東大寺は数回の戦火により消失しましたが、1709年に今の姿を取り戻しました。

そうした数々の戦火、暴風雨をくぐり抜け、いまも創建当初の姿を保っているのがこの八角燈籠です。

 

現代のような重機がない時代にこのような大スケールの木造建築を創り上げるなんて、先人の技術力には脱帽です。

 

この正面の入口をくぐると、大仏様のお姿が見えてきます。

 

高さは15m弱だそうです。

 

 

 

とにかく全てのスケールが大きい。

 

 

どの角度から見ても素晴らしい。

 

 

この大仏様は1692年に再建されました。

 

そして、大仏殿は傷みが激しかったことから、1906年に解体修理され、その後、1973年から1980年にかけて大規模な修理が行われたそうです。

 

大仏殿から南大門を望む。

 

八角灯籠。

先ほども書きましたが、創建当初から残っているので、もう1280年ほどをくぐり抜けてきた、東大寺の生き証人のようなものですね、貴重です。

 

 

これが1280年前に作られた灯籠。

美しい造形です。

 

なんていいなが歩いていたら、外人さんが『ベイビィ〜』って叫んでいるので、その方向を観てみたら、ホントだ、チビ太がいた😊

 

動物好きの親子はここでまた鹿せんべい😂

 

こうして、楽しかったなら行きは無事終了〜

翌日、息子が帰るときは、奥さん泣かなかったとさ😂

 

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



BMWランキング

 

またまた奈良へ 〜今回は東大寺も〜

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

 

さる休日、父親の◯回忌があり、東京から一族郎党が集まりました。

無事に法要を済ませた翌日、息子も一日泊まったので、『どこか行こうよ』ということで、息子が行きたいと言っていた空海展に再度行くことになりました。

 

この空海展は見ごたえがるのと、前回とは違う曼荼羅が展示されていることもあり、我々夫婦もノリノリでありました。

 

中には一点だけ、撮影OKの像もありました。

 

観終わってから博物館をでてちょっと鹿さんと記念撮影😃

 

みんな人馴れしていて、頭をなでても逃げたり嫌がったりしなくてとってもフレンドリー😊

 

『もっと触ってもいいよ』って言っているみたいにも見える😂

中には鹿せんべいを持っているかも、と思っているのか、頭を縦に振りながら、これがお辞儀をしているように見えて面白いのですが、そうやって近づいてくるのが何頭もいました😊

 

時刻は14:00頃でお腹が空いた。

ということで、道を挟んだ反対側にあるお店に入って柿の葉寿司をいただきました。

いやあ、京都に比べて少ないとは言え、こちらも外国人観光客の方がたくさんいらっしゃいましたね〜

 

前回、奥さんと二人できたときは、食事の後は大阪のNikon Plazaにいったのですが、今回はそんな予定もないので、『どこか奈良らしいところに行こう!』ということで、歩いていける東大寺に行こうということに。

それにしても、その東大寺に向かう参道のこの混雑のしかたよ😅

中望遠で圧縮されていますが、感覚的にはこれの通りって感じでした😅

 

行く途中でもしかさんがお辞儀しながら近づいてくる😂

奥さんと息子はたまらず鹿せんべいを買って仲良しに😂

 

『ちょ〜だい🦌』

 

見えてきました、東大寺

御存知の通り、ここには奈良の大仏様がいらっしゃいます。

 

この奥にいらっしゃいますよ😊

 

ということで、大仏様を拝むところは次回に続きます😊

 

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



BMWランキング

 

 

初夏の花たち

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

 

6月に入りましたね。

もうすぐ梅雨ですが、雨が降り始める前に散歩道の花たちを愛でておこうと、カメラを下げていつものコースへ。

 

シモツケですね。

 

ムラサキツメクサ

この2つはこの散歩道で毎年見られる可愛らしい花たちです。

 

キンシバイ

後ろのアウトフォーカスの紫色の花は先程と同じシモツケです。

 

ちょっと角度を変えて。

 

よるに雨が降った翌朝なので如意ヶ嶽には雲がかかっている。

この景色がいいんですな〜

 

こちらはシモツケの向こう二キンシバイ

 

ピントを手前のシモツケに合わせてみました。

 

朝もちょっと汗ばむくらいになると、ベンチで涼む人もいらっしゃいます。

川面をわたっていく風が気持ち良いのです。

 

梅雨が来るのは憂鬱ですが、まあそれが日本の四季ですからね。

暑い夏ももうすぐです。

 

■撮影機材

 Nikon D750

 SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

 

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



BMWランキング